ラヴィ ドライビングスクール 蒲田 東京都大田区、品川区、川崎地区の自動車教習所 【東京都公安委員会指定】

東京都公安委員会指定 ラヴィドライビングスクール蒲田 03-3733-2611



指定自動車教習所

会員証


ホーム

会社案内

求人案内

FAQ

お問い合わせ

個人情報の取扱いについて

リンク集

サイトマップ




教習プラン・料金 教習所案内 教習の進め方 教習生の方へ 資料請求・仮入校登録

交通安全コラム


更新日:2017月10月23日

超高齢化社会でのホスピタリティドライブ

警察庁発表によると、2016年の交通事故の発生件数は49万9,201件、交通事故死者数は3,904人でした。昭和24年以来67年ぶりの3,000人台となりました。しかし、死者数のうちに占める65歳以上の高齢者は増加し、その割合は5割(54.8%)を超え、高止まりを続けています。

これは日本が超高齢社会(=65歳以上の人口が総人口の21%以上を占める社会)ということを色濃く反映している結果ともいえ、統計的には当然の結果かも知れません。しかし、"当然の結果"として済ますわけにはいきません。

超高齢化社会になってから久しいですが、その社会の中で車を運転するということの意味をもう一度見つめ直してみましょう。そこでこころがけたいのが、ホスピタリティドライブ(思いやり運転)。その名のとおり、思いやりを持って運転することです。この時代、これまで以上に高齢者に対してのホスピタリティ(思いやり)が大事になってきています。

歩行中の死者数を年齢層別にみると、高齢者が73.7%と大きな割合を占めており、致死率が高くなっていることがうかがえます。また、死傷者側に違反があることも多いのが現状です。

たしかに、横断歩道がない場所を横断する高齢者に遭遇することは珍しいことはないはず。商店街やスーパー、病院などが近くにあるエリアはこのような道路横断者が多いです。高齢者本人にも、「若いころのように素早く横断できる」とか「自動車が来ても止まってくれるに違いない」とかいうような過信がないとは言い切れませんし、「明らかに向こうがマナー違反だ!」という場面もあるでしょう。しかし、自動車と歩行者では、圧倒的に歩行者が交通弱者。ドライバーはそんな過信も含めた高齢者の気持ちも汲んだ上で、慎重な運転をするようにしましょう! それこそが、ホスピタリティドライブにつながります。



指定自動車教習所
指定自動車教習所
当校は東京都公安委員会指定の自動車教習所です。卒業すると実地試験の免除が受けられます。また、各種講習や安全教育等で地域貢献にも努力しています。
指定自動車教習所公正取引協議会
指定自動車教習所公正取引協議会
当校は、指定自動車教習所校正取引協議会に加盟しています。安心で信頼できる教習所選びをして頂くために教習所の健全経営と発展を目指して活動しています。


ラヴィドライビングスクール蒲田
旧) 蒲田自動車教習所 〒144-0056
東京都大田区西六郷1-3-15

TEL: 03-3733-2611
定休日: 金曜日


アクセス

JR 京浜東北線・東急 多摩川線 / 池上線 蒲田駅下車 徒歩10分・京浜急行(京急) 雑色駅下車 徒歩10分






入所手続き

月〜木曜日: 
9:00〜20:00
土・日・祝日: 
9:00〜17:00


技能(予約制)

月〜木曜日: 
8:50〜20:50
土・日・祝日: 
8:50〜17:40


学科(時限割制)

月〜木曜日: 
8:50〜20:50
土・日・祝日: 
8:50〜17:40







▼クレジットカードがご利用いただけます。
visa Master Card J-Debit UC JCB AMEX


Copyright© Lavie Driving School KAMATA. All Rights Reserved.